9月1日、名古屋での学会の後、三重県の伊勢に行きました。
夕方から学生時代の同級生の中谷君と飲みました。中谷君は、伊勢で中谷武司協会という屋号で「サトナカ」とか販売しています。
20190902hoshide01その夜、中谷君に教わって予約しておいた星出館(ほしでかん)に泊まりました。
100年近く前の大正時代に建てられた木造の旅館です。

20190902hoshide02宿泊部屋は2階で、私が泊まったのは4畳半。
窓もサッシではなく、木造のガラス窓。
子どもの頃の実家も、これほどではないけれど、木造のたたみ部屋だったのを思い出しました。


20190902ise01翌朝は、伊勢神宮の外宮(げくう)に。
8時頃で、まだ参拝客が少なくていい感じです。
御手洗い場も他に人がいません。

20190902ise02外宮。
伊勢神宮は、日本全体を守る神様なので、個人的なことは祈りません。むしろ、なんかおごそかな雰囲気を感じる場所だと思います。

20190902ise03
外宮の近くの別宮である月夜見宮にも寄りました。
境内のとても大きな木が、印象的。



伊勢市駅から、JR紀勢(きせい)本線で9時台の電車に乗って行きました。本数が少ないので、これを逃すと、目指す滝原駅に止まる次の電車は午後になってしまうので、乗るしかありません。

20190902takihara03奥伊勢にある滝原駅は、無人駅で、駅前に何か店があることもなく・・・降りたら、瀧原宮を目指して歩きます。
この辺りは、清流の里らしいのですが、なかなか谷底の川に降りられる場所もない。
道の駅「奥伊勢木つつ木館」があって、ここの駐車場が神社の入り口で、鳥居があります。
歩いていると、前に歩いていた少し年上のご夫婦の奥さんが、「瀧原宮は、この道でいいのでしょうか」スマホっを手に「これを見ると、だんだん離れているように見えます」。
私「この方向でいいなじゃないかと」
しかし、しばらく行ったら矢印があり、私たちは曲がり角を逆に進んでいたことが判明。
年上のご夫婦の夫が「最低ですな。」と苦笑いしつつ。
(私、心の中で「おい。おい」)

また、鳥居をくぐり、ご由緒を読んで、森の中の参道を歩きます。
瀧原宮は、伊勢神宮の内宮(ないくう)の別宮で、天照大御神に関わる神様を祭っておられます。
20190902takihara01
御手洗い場は、階段を下りた川。
この川が美しい。水も、コケも、空気も、何もかも。


20190902takihara02
そして、お宮に。4つあります。

空気が、落ち着いた感じがする場所でした。参拝客も少ないし。

約2000年前に建てられたそうですが、このような山の中の谷間に、こういう場所を見つけて作るのは、不思議な感覚だなと思いました。
帰ってから検索したら、この土地はゼロ磁場という性質があり、パワースポットなのだそうです。信憑性はわかりませんが、方位磁石を持っていけばよかったとは思いました。

そのあと、近隣を散歩したものの、他に行く場所が、あまり見当たらない。
古民家カフェ、こんぺいとうを見つけて、イチゴのアイスを食べました。私がいたのは和室でなく、イスとテーブルの席。店内は撮影禁止でしたが、ここも落ち着いた雰囲気。

夕方、東京に戻るまで、かなり歩いた1日でした。
帰宅して、買ってきた伊勢うどんを調理して、食べました。




にほんブログ村