昨日、仕事が休みなので、昼に自転車で、毎度の深大寺に行ってきました。
梅雨の前の貴重な晴れ、真夏日。
20200609jin01
東京都立神代水生植物園では、菖蒲(ショウブ)がきれいに咲いていました。
ここは、無料で入れます。



20200609jin02

園内で説明の看板を見たけれど、花が遠くて、どれがアヤメかカキツバタか、ぜんぜんわからず。


20200609jin05
菖蒲だけでなく、水草や葦も含め、水生の植物が、繁茂しているのは好きです。
←アサザ

平日なので、人ではそれなりという感じです。
有閑な中高年の方々・・・って、私も、同類ですね(;^ω^)
いいカメラを持っている人も多かったです。(笑)
20200609jin03
深大寺のお寺も、人出はそれほどでもなく、門前のそばの店も、以前は、店頭にいろいろなお土産や手軽に食べられるものが並んでいたのが減って、店内でそばを食べるスタイルになってますね。


20200609jin06
ここは水生植物園から、やや上流にあるそば屋の先の湧水。
深大寺の辺りは、崖の下などから、湧水があちこちで沸いています。
こういう湧水の流れていった先に、水生植物園があります。

奥多摩の山からの地下水が、関東ローム層という富士山の火山灰できた地層の下を流れて、崖になったあたりから、湧いてくるわけで、井の頭公園や善福寺池の湧水も、同じしくみです。


20200609jin04
深大寺は、子どもの頃から度々、というか何十回も訪れているのですが、未だに新発見があります。
お寺の境内にあったこの観世音菩薩さまも、たぶん初めて気づきました。
新型コロナが、早く収束しますように。

今日から、また仕事モード。



にほんブログ村