20200629ooもうじき還暦なので、地元の神社で、厄払いしてきました。

神主さんの言葉を聞きつつ、これで神社でお祓いしてもらうことは人生で最後なのかなと思いました。
お宮参り、七五三から始まって・・・・。
でも、調べたら、古希、喜寿、傘寿、・・・長寿の歳祝いも、神社でご祈祷しているらしい。
少子高齢社会だし、神社の収入源としても、そういうニーズがあった方がいいでしょうね。

いつの頃からか、女性の還暦も、厄払いの対象だそうです。
厄年(数え年)は、
男性25、42、61歳
女性19、33、37、61歳
厄年の前の歳が前厄、後の歳が後厄。
この前後、何年かに人生の転機を迎える人って、今でも案外、いるのではと思います。

私は、42歳の本厄のとき、この神社で厄払いしてもらって、その後、特に大きな病気や災難に遭わないで来られたので、感謝です。
今から思えば、25歳の時にも、厄除けしてもらっていたら、30歳前後の災難に遭わなくて済んだのか??・・・今さら過去は変えられませんが。
今後は、何歳になろうと、心身にいいことをして、もうろくしないよう、頑張りたいと思います。(-_-;)



にほんブログ村